あいのり出演が人生を変えた。みゃんまーが挑戦する理由。前編 | メンバーブログ | アオイエ

back

アオくんの家

あいのり出演が人生を変えた。みゃんまーが挑戦する理由。前編 2019.08.15(Thu)

あいのり出演を経て、同志社大学を休学し上京。現在は経堂でバーを経営している「みゃんまー」こと小野 隼輝さんにこれまでの生い立ちから、あいのり出演、バー経営、ユーチューブを始めるまでの道のりや今後の夢を前編後編に分けてお届けいたします。



ー今日はお忙しい中、お時間をありがとうございます。僕自身、あいのりを見ていたので、お話をお聞き出来ること非常に楽しみにしていました。まず、最初にこれまでの生い立ちをお聞きしたいのですが、教えていただけますか。


今でこそ、人と話せるようになりましたが、決して目立つタイプではなく、むしろ引っ込み思案で消極的でした。小学校の後輩曰く、僕は地蔵と言われていたそうです。(笑)

全く喋らない人だったからですね。(笑)

女性は自分と違う生き物だと思っていて、全く喋れなかったんです。

変化のきっかけは、高校一年生の6月です。

人生で初めて告白をされました。それが結果的に強制リハビリになりましたね。

まともに女の子とは話したことがない僕が、お祭りに誘われたんです。

ただ、まともに話せるわけがないので、友達を誘って男の子2人、女の子2人でお祭りに行ったのですが、挙げ句の果てにはそのお祭りを男2人で回りました。

今思うと最悪ですね。でも、それくらい女の子に慣れてなかったんです。(笑)



ー引っ込み思案な性格はどう変わっていったんですか?


大きく2つの出来事が要因になっていると思います。

1つ目は大学受験の成功です。大学受験まで努力したことがなかったので、大学受験を通じてやればできる、という成功体験を積むことが出来たからだと思っています。

高校まで剣道をやっていましたが、本気で努力をしていたか?と聞かれたら、自信を持ってしていたとは言えません。

学力については自分はずっと頭がいいと思っていました。

ただ、偏差値が50ほどの学校に通ってい他ので周りは信じてくれなかったんです。

自分の頭が良いことを証明するために、意地で勉強しました。

2つ目は2018年の3月に好きだった女性に告白して振られたことです。

振られたのは自分に魅力が足りないからだと思って、魅力的な男性になろうと決意しました。

その方にとっての魅力は分かりませんが、強い男こそが僕の中での魅力的な男性像でした。

もっと経験を積んで、挑戦をしていこうと思うわけです。





ーみゃんまーとしてあいのりに出演されていました。どうしてあいのりに出ることにしたんですか?


サークルの友達に「出たら?」と軽く誘われたことがきっかけです。

その時、僕はちょうど就活中でしたし、自己紹介も何を書いたか思い出せないくらい軽い気持ちで応募したんです。

そしたら、書類審査を通過していたんです。(笑)

その後、オーディションも受けたのですが、まさか自分が受かるとは思っていなかったのでめちゃくちゃ嬉しかったですね。

ただ、就活中でしたし、正直出演するかどうか迷ったんです。

あいのりは今しか出演することが出来ない。就活はこれからもできる。

それなら、今しか選択できない道を選ぼうとあいのりの出演を決めました。



ーあいのりに参加してみて変化したことはありますか?


人が自信をつけるには、やはり成功体験しかないと確信を持てました。

僕にとっての成功体験は、それまで大学受験しかありませんでしたが、あいのりに受かったことが2つ目の成功体験になりました。

それで僕ってもうちょっと頑張れるんじゃないか?という気持ちになったんです。

バーを始めたのは、その影響が大きいですね。





ー経堂でバーを経営されていますね。僕の知人でも行ったことがある人がちらほらいます。バーを経営しているのはなぜですか?


バーをやっているのは手段であって、目的ではないです。

僕は、バーを通じてこれまで出会わなかった人たちのリアルな繋がりを作れたら、自分の世界が広がると思っていますし、人生を通じて人々のモチベーションを上げ続けられる人になりたいので、その手段としてバーは最適でした。

バーに来て僕に会うために仕事を頑張るとか、誰かにとっての明日を生きる活力になったらなと。

また、自分の強みを活かせる場所であるとも思いました。

就活をする中でやったことがある人も多いと思いますが、自分の強みを分析するストレングスファインダーで、僕はコミュニケーションの項目が多かったんです。

ただ、これまでレールの上を歩いていたので、休学して東京に来て、バーを開くにはかなり慎重に考えました。

ただ、今しかできないことに挑戦しようと思って、とりあえずやってみたんです。



ー初めてみてどうでしたか?うまくいかなかった時期もあったと思います。


最初は本当にきつかったですね。お客さんが全く来ませんでしたから・・・

たまにお客さんが来てくれても、お客さんの対応も慣れていなかったですし、うまくいかないことばかりでした。

その中で、65歳位のおじさんがお店に来てくれました。

僕が想定していたお客さんではなかったのですが、想いを話し続けた結果、そのお客さんは今でも常連さんとして、お店によく来ていただいています。

お客さんである前に、人として向き合うことの大切さを実感しました。





ーバーにはファンの方が多く来られると思いますが、どんな方が多いですか?


ファンとして来てくれる方もいますが、最近は私も行動したいんですけどどうすればいいですか?という質問をよくされます。

僕が一歩踏み出すきっかけになった、嫌われる勇気という本があり、その中で「自分の人生を生きろ」という部分に僕は影響を受けています。

他人の目を気にして生きているということは自分ではなく他人の人生を生きている。

だから、人の目を気にせず人の期待を満たす必要もなく、他でもない自分が正しいと思うことをしろ、ということです。

相談された方にはその言葉を伝えています。

僕もそうでしたが、人の目を気にして自分の本当にやりたいこと、正しい思うことをできていない状態は自分の人生を生きていないということになります。

誰のものでもなく、自分の人生だからこそ、自分の選択で生きていって欲しいと思います。

それで心配なことがあるなら、バーに来てリアルな繋がりで世界を広げて欲しいと思います。





ー僕もチャンネル登録をしていますが、最近ユーチューブを始めたと思います。始めたきっかけはなんですか?


後編へ。後編では、ユーチューブを始めたきっかけや、今後の人生で実現したい夢、アオイエに入居した理由や入居して変化したことをお聞きします。(8/22日公開予定)



※コミュニティハウスアオイエでは、随時住人を募集しています。興味のある方は、本HPのお問い合わせよりご連絡ください。


アオくんの家の部屋一覧

現在満室のため、他の物件をご検討くださいませ。